女性

プチ整形で小顔化

女の人

しわ取りだけじゃない

顔の筋肉に薬液を注入し、筋肉を緩めることでしわやたるみをとることが可能なプチ整形として有名なボトックスですが、効果はそれだけではありません。たとえばエラ取りです。エラが張った顔はコンプレックスになりやすいものですが、これを解消するためには骨を削る必要があります。骨を削るような手術は非常に大掛かりで、全身麻酔の処置を行う必要があります。そうなると心配になるのが麻酔による副作用です。後遺症が残る可能性があるため、施術をためらってしまう方も多いでしょう。また術後は患部が腫れあがり、それが引くまで人前に出たくないと考える方も少なくないはずです。ボトックス注射にはそのようなリスクはありません。施術は注射のみで行うため、小さく針を刺した跡が残るだけで、それもすぐに消えてしまいます。麻酔をする必要もありませんし、入院する必要もありません。腫れあがることもないため術後すぐに人前に出ることも可能です。また小顔化に期待することもできますし、眉間などに注射すれば顔立ちをはっきりとさせることも可能です。骨を削る必要がなく、注射のみでこれらの効果を得ることができるボトックスは、多くの方から支持されています。尚近年さらに手軽で安価に行うことが可能な「マイクロボトックス」も注目を集めています。ボトックス注射に用いられる薬剤は、様々な製薬会社で製造されており、値段も大きく異なります。どの薬剤を使用するか、また医師の経験などでクリニックでかかる費用も違いが現れます。最も安価なクリニックでは1回5,000円程度ですが、高価なところでは5万円ほどかかってしまいます。値段が安いほどお得に感じられるかもしれませんが、費用面のみでクリニックを選ぶことは危険です。前述の通り薬剤の値段はメーカーによって異なります。その中にはボトックス注射には必要がない余計な成分が含まれている粗悪な品がある場合があります。日本での安全基準を満たすことは到底できないような製品ですが、激安をうたうクリニックの中にはそのような薬剤を使用しているところもあります。余計な成分が含まれている薬を注射することで、本来でなくても良い効果、つまり副作用が出てしまう可能性があります。また経験豊富な医師が在籍しているクリニックの方が高い費用を請求されやすいという特徴もあります。筋肉を緩める効果をもつ薬を注射しますから、誤った箇所へ打ってしまうと皮膚がひきつれたり口角が異様に持ち上がってしまったりと、外見を損なってしまいます。美しくなるための美容整形で失敗しないためには、安すぎるクリニックを選ぶことは避けたほうが良いでしょう。